離乳食に大活躍な「ほわほわポトフ」の活用法!大人の胃腸にも優しい簡単レシピ

ポトフおいしいよ~♪

息子も11か月になり、最近はもう怖いくらいよく食べます(;´・ω・)

といっても、まだ大人と同じメニューは食べられない。
でも、色々なお野菜を食べさせてあげたい。
でもでも、クタクタに煮ないと噛めないし・・・。

こんな風に、何をどう作るか頭を悩ませているママ様方、多いのではないでしょうか。

「困った時には和光堂(ベビーフード)!」といきたいところですが、わが家には5歳になった娘がいるので、何か作らねばなりません。それに夫も食べるし・・・。ワタシも食べる。

メニューどうしよう?って考えるのも大変ですよねぇ。
私は1週間に1回は「あー!もう食事作りめんどくさい!」ってなっちゃいます(;´∀`)アハハ

そして。
そんな困ったときの我が家の救世主になっているのが・・・

一回作れば、3役こなしてくれる。
これからの時期にもぴったりな「ポトフ」ちゃんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

簡単ポトフのレシピ♪

ほっこりポトフは離乳食にGOOD

まずはレシピから。
ご紹介するのも恥ずかしいくらい簡単(;*´з`)です。

こちらが、ほぼ毎週のように登場する、わが家のポトフのレシピです。

【材料(3~4人分)】

  • じゃがいも・・・3~4個
  • にんじん・・・1本
  • たまねぎ・・・1個
  • キャベツ・・・2~3枚
  • ブロッコリー・・・適量
    ※その他、大根、かぶ、小松菜、ほうれん草、かぼちゃなど、お好みのお野菜を。
  • 鶏肉・・・約300g
    わが家では生協のはぐくみ鳥「もも肉」(佐賀県産)を使っています。煮るとほろほろに柔らかくなるし、美味しいスープも出るので今のお気に入り。月齢の浅いときは「ささみ」使用。
  • お水・・・お野菜の頭がかぶるくらい
    ※もし離乳食用にスープをストックする場合は多めに
  • 塩・・・適量
    ※味をみながら整えます。チキンの出汁だけで物足りなかったら「鶏がらスープの素」や「コンソメ」を加えてもマル。わが家では「岩塩」を使って味付け。

【作り方】

とっても簡単な3ステップ。

  1. 塩以外の材料を全てお鍋に投入!
  2. フタをして沸騰するまで中火、沸騰したら弱火にして、ぐつぐつぐつぐつ10~15分ほど煮ます。
  3. お野菜が柔らかくなったら、塩で味付けです。お味をみて、優し~いチキンと野菜の甘さを感じたら、できあがりです。

ほわほわ「ポトフ」のよいところ

ポトフ」といえば、あったかほわほわで「冬」にぴったりなメニューですが、「楽ちん離乳食」として、わが家では夏場でも1週間に1回は登場していました(;*´▽`)

最近は娘のアトピー対策もあり、ヘルシーなポトフが大活躍。

胃もたれ気味の私の胃腸も、優しく癒してくれています(笑)

ポトフの3つの Good Point!

  • を使わない(赤ちゃんにもグー!)
  • お野菜たっぷり!
  • 煮込むだけ(楽ちん!)

を使わないだけでなく、調味料も「塩」だけでも美味しいので、とってもヘルシー。
それに、色々なお野菜が一度にとれるのも助かります。

そして、お肉とお野菜を一度にいれて、あとは「煮込むだけ」の超簡単料理法。お野菜を少し小さめに切れば、弱火でことこと10分もすれば、あったかほろほろポトフのできあがりです。

さらに煮込んだお肉を、別料理に大変身!

ポトフだけだと、娘や夫には食べごたえがないので(;´∀`)

わが家では、煮込んだ鶏肉を取り出して、別料理にアレンジすることもあります。

そのオススメはこちら。

【+oneレシピ】鶏肉の照り焼き

鶏肉の照り焼きにも変身

ポトフには鶏肉のうま味が出ているので、お肉を取り出しても美味しくいただけます。そして、この取り出した鶏肉を、照り焼きにしちゃいます。

それをお供に、ご飯をパクパク。

あとは、ミニトマトやきゅうりなど、冷蔵庫にあるものを適当に出せば完璧です(笑)

【作り方】

チキンの照り焼き、おいしい!

材料を入れて、フタをして弱火。味をなじませます。油なしにすればカロリーOFFに。

【材料(チキン300g分)】

  • 醤油・・・大さじ2~3杯
  • みりん・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • お酒・・・大さじ1
    ※しょっぱいのがお好みの方は、塩で加減を。

【+oneレシピ】チキン味ご飯

チキンご飯にも変身

さらに、多めに作ったスープでチキン味ごはんを作ってしまいます。離乳食も一緒に作るために、耐熱皿にご飯と材料も入れてスイッチオン。

大人分と赤ちゃん分が一気にできあがりです。

【作り方】
炊き込みご飯♪

具材をいれて、炊飯器で炊くだけ!

【材料】

  • チキンスープ
    ※スープが足りなければ水を足して。味も足りなければ鶏がらスープの素や塩をIN。
    また醤油、みりんなどを足して、いつもの炊き込みご飯にしてもGood。
  • 人参
  • きのこ
  • 鶏肉(ポトフのお肉の流用でもOK)or油揚げ
    ※他、お好みの具材を入れます

※写真の離乳食用の中には、余っていた万能ネギ、キノコ、人参、しらすを入れています。

さらにさらに!余ったポトフの活用法♪

私が思うポトフの最大の利点は「たくさん作って余った分も、色々な使い道がある」ということ。わが家では、いつも多めに作って余らせてしまいます。

その活用法がこちら。

【+oneレシピ】離乳食ストック用スープ

離乳食用のスープに変身

たっぷりのお野菜と鶏肉の栄養がつまったスープを冷凍しておけば、次の離乳食に大活躍!

作り方は簡単。
製氷皿で冷凍するだけです(笑)

◆活用menu:具だくさん!ほわほわコーンスープ

コーンのペーストと、凍らせたポトフスープ氷をまぜた簡単スープです。他にもかぼちゃペーストで、かぼちゃスープもいいですよね。

ちなみに、具材もポトフの余りを使っています(;´∀`)

簡単に作れて栄養もとれて、しかも美味しいので、とってもおすすめです♪

離乳食でコーンシチューに

【+oneレシピ】余ったら翌日は肉じゃが、カレーに大変身!

翌日はカレーに大変身

ポトフが余ったら、翌日にカレールーを入れれば「あっ!」という間にカレーが出来あがりです(*’▽’)

※スープが少なめになっていたら、お水や牛乳(豆乳)を少し足して、味をみながら整えています。

もし和食にしたいのならば、そこに醤油やお砂糖、お酒を入れて肉じゃがに変身することもできます。

ほろほろポトフのまとめ

実は、おとといもポトフを作ったのですが、さすがに毎週ポトフだと娘には「またポトフ~?」と言われてしまいました(;´∀`)

でも、一緒に作った鶏肉の照り焼きは、娘も夫も大喜び。それに次の日がカレーだと、これまた娘は大喜びです。

子も、コーンスープにリメイクした時は、いつも以上にパクパクです(笑)

働いて時間がなかったり、食事作り自体がおっくうな時に、こういった応用のきくメニューはほんとうに助かりますよね。

今は息子の離乳食作りもあるので大助かりですが、仕事復帰したときにも、こういったポトフや鍋料理が大活躍しそうです

あまりポトフを作らない方にも、ご参考なれば幸いです♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする