【ポップサーカス体験記】サーカス初体験!こどもの反応はこんなだった(4歳児)

こんにちは、はならっこです。

昨日はポップサーカスの座席や設備などについて長々と書きました。
少しでも参考になれば嬉しいのですが・・・。

まぁ、もし参考にならずとも、自分の備忘録としてでいいではないか!
と心を強くもっております・・・。

続けてになりますが、今回は4歳前後のお子様をもつお母様方に、「サーカス初体験の娘(4歳児)の反応」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ライオンやクマなどの猛獣が出ない!サーカス初体験にはもってこいだった

犬が歩いていれば半径3mは離れる、超超超怖がりのイカコさん。

なので、ライオンやクマなどの猛獣が出ないポップサーカスは、サーカス初体験にもってこいでした。 それでも普段は犬を怖がるので、大丈夫かな~なんて思っていたのですが、、、

まったく大丈夫でした!

小さい犬ばかりだったのと、音楽に合わせてジャンプしたり、ベビーカーを押したりする賢いワンコに「おぉ~♪」となっていました。 感激するイカコさん

いやー、犬ってほんと賢いですね。

飼い主との信頼関係を築いて、きちんとトレーニングしたらあんなことやこんなことができるんですね。すごい!

比較対象にするのも変ですが、7ヵ月のぴーすけよりも賢いこと間違いなしです。  

早すぎる展開にはついていけない4歳児

わが家の4歳児は、一瞬で衣装が何度も変わる「衣装の早替え」は、そのあまりの早さに動体視力が追いつかない様子

ボケーっとしていたので、思わず「イカコ!あれ!衣装が〇色から〇色に変わったでしょ?分かる?ほら、次は〇〇色のドレスになったよ!」なんてうるさく親切に解説してしまいました。  

早変わりに茫然

  一応、衣装が変わったことは分かったようですが「衣装が変わったことの何がすごいのか」が分かっていない様子。

後ろの席のお子さんたち(5~7歳くらい?)は歓声をあげていたので、そこにも母はジレンマです。

でも「何がすごいか」をこんこんと説明したとしても、一番大切な「感動」は得られないからなぁ。今後に期待ですね。  

自分ができないこと=フラフープに感激

保育園のお友だちのママが「自分が普段やっていることは良く分かるみたいで、フラフープは感激してたわー」と言っていたのですが、衣装の早変わりはよく分からなかったイカコさんでしたが、保育園でやったことのあるフラフープには感動したようです。 フラフープに感激  

自分がやってみて出来なかったこと」だから、すごいことがよ~~く分かるみたいです。

たしかに、あの素敵なマッチョ美女のフラフープ技には大人もびっくりでした!

子どもなりの視点に母茫然

ショーの真っ最中に突然「ママ!ママ!」と呼ばれたかと思うと、その視線の先には天井に設置されたただの扇風機」。

巨大扇風機    

目の前では、アンビリーボーな筋肉たちが躍動しているというのに。

ちょっと母茫然してしまいましたワ。

そうね。空調を循環させるためだね。
「サーカスに集中しろ~~~い!!!」という心の叫びもちょっとありましたが。

こういった子供なりの感じ方って、微笑ましいじゃないか。
イカコに教えてもらわなかったら気づかなかったよね、扇風機。うんうん。  

結論!4歳児もそれなりに楽しめる

サーカスに行く前は「4歳児じゃぁ、何がスゴイのか分かるかなぁ」なんて思っていました。

でもわが子に関して言えば、実際「パフォーマーたちがどれ程スゴイのか」は大人の私たちほど分かっていない様子でしたが、空中ブランコやピエロのおどけたパフォーマンスなど、要所要所で楽しんでいたので、いろいろと悩みましたが連れて行ってあげて良かったです

サーカス大喜び  

今回息子はおうちでお留守番だったのですが、それほど大音量でもなかったので連れて行っても問題なかったなーと思います。

次はボリショイに行きたい!とさっそく母と娘は画策しております。うしし。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする