【1歳0ヵ月】ことばの発達は?4つのベビーサインをマスターして、発語ゼロでも変わったこと

ぴーすけ1歳ことばの発達は?

息子も1歳になりまして、元気にトコトコ歩くようになりました。

体の発達はおかげさまで順調なのですが、そうすると気になってくるのが「そろそろ何かしら単語でも出るかな?」ということ。

寝返り、ハイハイ、つかまり立ち・・・

などなど、体の発達って目に見えるものだから、ついついそちらの方に一喜一憂していましたが、最近は言葉の発達の方も気になってきました。

それでも「今か今か?」という母の期待と裏腹に、マイペースな息子です。

そんな息子の発語力は?
べビーサインを使って変わったことは?

1歳ほやほやの一例ということで、息子の様子をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ことばの発語はゼロ

とりあえず、意味をなす言葉の発語はゼロです。

彼の日常語は、「あーー!」「んん?ぅうう?(疑問形多し)」「でゃうでゃうでゃうでゃう…(ずっと続く)」という、音遊びのような意味不明な赤ちゃん語であります。

たまに「おぱー(おっぱい?)」とか、「まぁまぁ-(ママ?)」と、聞こえなくもない叫び声を発するんですが、親の欲目か、空耳かもしれない微妙な感じなので「意味を成す言葉として、しゃべった!」にカウントできないかなぁ、と思います・・・。

親としては「こんな姿も今のうち」ってことで、かわいいんですけどねぇ(^^;)。

初めてのベビーサインが出た

そんな感じで、言葉は「あーうー」な息子ですが、1歳になる少し前から、息子自身がサインを使うようになりました。

0歳からなんとなく教え始めていたベビーサイン。

私が今まで見せていたサインを、ちゃーんと分かってくれていたんだなぁ。赤ちゃんは話せないだけで、ちゃんと理解しているんだなぁ。

と、息子の初サインをとても嬉しく思ったんですが。

記念すべき最初のサインは・・・

おっぱいのサイン

おっぱい・・・でした。

えぇ、はい。せっかく断乳に成功していたのに、突発性発疹をやって「パイパイ魔」となってしまった息子は、おのれの欲望を満たすために自力で「おっぱい」のサインを身につけたのでした。

といっても、このサインは手をニギニギするだけなので、一番出やすいサインなんだそうですよ。

「ベビーサイン」で育児の楽しさがアップした!長女の時にやって良かった理由とは?

夫婦の会話を理解する姿も

これまたベビーサインなのですが、夫婦でこんな会話をしていたんですね。

「ぴーすけって、おっぱいのサインばっかりやるんだよ~・・・」
「あー、おっぱい魔だもんなぁ」

すると、通りがかった息子がこちらを見て、手をニギニギ・・・。

まるで、「おっぱい?あぁ、これね?」とでも言っているように、ベビーサインをやって見せたんですね。

ちゃんと周りの会話を聞いていて、その中の単語も聞き分けられているんだなぁ、と、あたりまえのようなんですが、妙に感心してしまった出来事でした。

他にできるようになったサインはこれ

ちなみに、他にもいくつかサインができるようになりました。

できるようになった順番でいうと、こんなかんじです。

マスターした4つのサイン

1.「おっぱい」

2.「食べる」

3.「お茶(飲む)」

4.「歯みがき」

この4つが、仕草とシチュエーションがバッチリ合っている、本人が理解してやっているサインです。

でも、まだ指を「1」にした「指さし」ができないので、「お茶」と「歯みがき」は「食べる」と見分けが難しいかなぁという感じです。

でも、だいたいできているかな?

どれも口の前で手を動かすので似ているんですよねぇ。

他にもいろいろなサインを教えているんですが、使うようになったサインは、長女のときと同じく「本人のスキルが伴っている」かつ「本人の興味・関心が強いもの」なんだろうなぁ、と思います。

「バイバイ」と「パチパチ」はできない

こんな感じで4つのサインをマスター(?)した息子ですが、「バイバイ」と「パチパチ(拍手)」はできません。

でも「パチパチ」はやろうとしているんですよ。

ただ、「両のてのひらを、胸の前でパチパチと合わせる」ということが、できないみたいなんです。「スキル」が身についてないんですねぇ。

なので「上手~♪」と私が拍手すると、鳥の羽を動かすジェスチャーみたいに「パタパタ(あわあわ?)」しています。

パチパチ拍手のつもり

本人はサインを理解していても「で考えているように、上手に手足を動かせるか」なんですよね。

ことばも、頭で考えているように「発音」できるか、だから同じですね。

まだまだ1歳。
この不器用な姿を見れるのも今のうちですし、ゆっくりと成長を見守りたいなぁと思います。

サインが出て変わったこと

ベビーサインができるようになってから、明らかに変わったことがあります。

テーブルを叩かなくなった

離乳食を食べている時に、もう「うるさい~!」ってくらい何度もテーブルをバンバン叩いていたんですが、これが驚くほど、激減しました。

最初は「楽しいからやってるのかな?」とも思っていたんですが、それだけではなくて、「もっとご飯ちょうだい」と催促のつもりだったんですね。

それが「食べる」のサインをマスターしてから、殆ど叩かなくなりました。

その代わり、満足するまで何度も「食べる」のサインを繰り返していますが…(;^_^)

叫ぶことが減った

一時期、これまた「うるさい~!」ってくらい叫んでいたんですが、それも激減しました。

ただ流行り終わっただけかもしれませんが…。
それでも、本当に減ったんですよ。

自分の欲求を表す手段(ベビーサイン)ができるようになったことで、叩いたり叫んだりしなくても意思疎通ができる。

思いが通じないジレンマが減ったからかなぁ、と感じています。

【まとめ】宇宙語が早く聞きたいなぁ

赤ちゃんが話し始めの、あの「言葉をしゃべっているつもり」の”宇宙語”みたいなおしゃべりって、もだえるほどかわいいですよねぇ。

「うぃりぇ○×□…しょびゅ…□△×れぃ…○×□×△□こうぃれ・・・うぅ?」

みたいな・・・。

うまく文字で表せませんでしたが・・・この宇宙語が早く聞きたいんですよねぇ。

こどもの成長って、妊娠中の「いつか産まれるさ!」「でも、いつ?!」からずっと、「いつ○○する?そろそろ?」ですよね(笑)・・・ あ、私は予定帝王切開なので、「いつ産まれる?」は分かっていましたが・・・。

早く宇宙語が聞きたいなぁと、思いつつ、今のままでいてほしいなぁとも思う、育児の矛盾した気持ちになりつつ。

今日もゆっくり成長する赤ちゃんを、やさし~く見守っていきましょう!

はならっこでした♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする