【保活奮闘記】保育園入園のために引っ越したわが家。決断の理由と満足・後悔していること

引っ越しのトラック

こんにちは、はならっこです。

春も過ぎて暑い時期になってきましたね。

働くママさんの中には、すでに「保育園活動」を始めている方も多いのでないでしょうか。

かくいう私も一人目の時は、春前から少しずつ保育園見学に動いていました。

でもですね。

途中からより利便性を求めて、別の市に引っ越すことに決めたんです。

持ち家の場合は「保育園のために引っ越し」なんてよっぽどの理由がない限りしないと思いますが、わが家のように賃貸の場合は、そこそこ身軽に引っ越しができるんですよね(;´∀`)

その身軽さが時には悩みの種にもなるのですが。
引っ越ししたことで、1歳児で認可保育園に入園することができたんです(*’▽’)

職場復帰に向けて「育休復帰前に引っ越しをしようかな」と考えている方もいるかなーと思うので、私が引っ越しを決断した理由と、引っ越しして良かったなーと思うこと、そして逆に後悔していることをご紹介したいと思います。 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

待機児童全国ワースト1位の現実

引っ越し前に住んでいたのは当時、待機児童ワースト1位ともいわれた横浜市でした。

認可保育園入園は0歳児でも厳しい。
1歳児は絶望的といわれていました。

なので、早々に近所の認定横浜保育室を第一希望にしていたのですが、その保育室を見学にいったときに0歳児のお部屋が「とてつもなく狭い」ことにビックリ。

0歳児定員が6名の保育室だったのですが、保育室初見学だった当時の私には驚きの環境でした(今思えば、保育室でその広さは普通なのですが)。

私が見学した無認可園や保育室は、マンションの一部分などを施設として使っているところが大半でした。

保育の環境が、保育の質に直結するとは思いませんが、認可保育園と比べると施設の充実度にやはり差がありますよね

また、保育室は2歳児までが入所期限で、それからは他の保育園に転園しなければなりません。

それが転園時に点数として有利にはなるのですが、働きながらまた保活をするなんて絶対に大変だろうなぁ(;´Д`)と思ったんです。

今思えば、保育室に入れても良かったなぁと思うこともあるのですが。

当時はそんな理由から「できることならば最初から認可保育園に入れたい!」と思うようになりました。

保活のやり直しは大変だ

突然にふってわいた夫の転職

また、夫が育児休暇中に転職をしたんですよ。

「なぜ今(;゚Д゚)?!」

と思いますよね?
というのも、夫の通勤時間がなんと、片道30分から片道2時間になったんですよ。

転職するのはいいけど、わざわざ遠い勤務地に転職するなんて~(; ゚Д゚)
と叫んでも、夫の意志は固く。

「あっ?!」

という間に転職をしてしまいました・・・。

そもそも、夫は「ダブルインカムは最強!」と共働き推進派だったのに、その夫が保育園育児から敵前逃亡をしたようなものですよ。

「保育園の送迎や、緊急時の対応はすべて私が担うことになるんかーーい」・・・って、アンビリーバボーです。

敵前逃亡の夫

まぁ転職してしまったものは仕方ありません。

でも、転職が決まって嬉しそうな夫をみるたび、イライライライラ・・・・。

このやり場のないイライラを抱えながら、復帰後の生活をどうしようか。

当時の私の通勤はというと、バスと電車の併用で片道1時間。

そう遠くない距離なのですが、どうしても雨の日はバスが遅れがちなんですよね。

住んでいる街はとても気に入っていたのですが、何よりも育休復帰後の利便性が第一です。

お互いの勤務地の中間地点に引っ越そうかと思ったのですが、夫の新しい勤務地が僻地なため、お互いどう譲り合っても乗換えが不便極まりない状態でした。

「もう、夫の利便性なんてどうでもいい・・・”(-“”-)”」

妻の冷たい目に気づかない夫をしり目に、妻は強い決意をもって「これを機に、私の職場が近いところに引っ越しをしよう!」と決断したのであります。  

保育園の新設園がねらい目

国が「待機児童ゼロ作戦」を推進してはいても、やはり認可保育園への入園は厳しい状況。

でも実は、保育園は毎年着実に増えているんですよね。

保育所利用児童数等の状況

出典:厚生労働省「保育所関連状況取りまとめ(平成26年4月1日)
資料「 保育所関連状況取りまとめ(全体版)(PDF:1,762KB)

平成26年の全国の保育所数は24,425か所。
平成25年が24,038か所なので、前年と比べて387施設増えています。

待機児童数が激減したという横浜市は、前年より定員が2,390人分増ですよ。横浜市頑張っていますねー。

そして、私が今住んでいる市も、前年より200人以上定員が増えています。
そういえば昨年で2園、今年も1園が駅徒歩圏内で増園されます。

待機児童数が多い市なので、市ががんばって新設園を作ってくれているんですね。

既にある保育園なら、0歳児以外は学年をあがる時に枠が増えない限り定員はパンパンですが、新設園なら全定員分の席が空いていて、これから新しく児童を募集します

それならば、絶望的といわれる1歳児枠でも可能性があるかもしれない。
そう考えて、「新設園ができるかどうか」を引っ越し先を決める上でのポイントにしました

そして、今住んでいる街の駅近のビルに認可保育園が新設されることを知り、ここだー!と狙いを定めて引っ越し先を決定しました。 保育園狙い決定!    

引っ越しのデッドラインは入園申込みの期限

無認可保育園と違い、認可保育園って「保育園と保護者」が入園の契約を結ぶのではなく、「保護者と市」のやりとりなんですよね。

引っ越し先の市では入園申込みの締め切りが秋ごろだったのですが、保育園に申し込みをするためには、その締切までに転居する事実を用意しなければなりませんでした

参考として、東京都中央区の場合で申込み締切日より後に転居する場合の、必要書類についての記述です。

申込書・保育ができないことを証明する書類・所得を証明する書類・転入予定の事実が確認できる不動産売買契約書または賃貸契約書の写し等・転入手続きに関する同意書

出典:中央区ホームページ「転入予定、転出予定で申し込む方へ

私の場合ですが「保育園の申込み日までに転居をしていれば、面接官に真剣度をアピールできるかも!」という下心思いで、面接期間内ギリギリの11月初旬に引っ越しを完了しました。  

引っ越し完了~保育園申込み

そして荷ほどきも早々に、事前に手に入れていた保育園の入園申込み書類の準備をしました。 書類には、第一希望から第3希望まで記入をしたのですが・・・。

・・・ええ、記入したんですが・・・。

ここまで「新設園を狙ってー」と書いておいてなんなのですが、実は最初、新居の近くにある「駅前A保育園」を第一希望にしたんです

いやだって、やっぱり自宅の駅側にあるほうが便利だなと・・・はい。
直前になって私、血迷いました

ただ、大人気園を第一希望にするという大博打に出た私に、役所の面接員の方が言ったんです。

「この新設園ならほぼ入れると思うから変えたほうがいい。第一希望の保育園は絶対に入れない」と・・・。

血迷っていた私は、そのアドバイスをもらったことで当初の予定通りの新設園に申込みし、無事に2月に認可保育園の入園許可を得ることができました

血迷った女  

「引っ越しして良かった」と思う3つのこと

引っ越しをして良かったなーと思うことはたくさんあるのですが、主に挙げると次の3つです。

・1歳児で認可保育園に入園できた

・私の勤務地まで電車通勤になった(バス通勤からの解放)

・家が広く快適になった

やはり認可保育園入園は大きいですよね。
すべり止めで無認可も予約をしてあったのですが、月額利用料が実に2万円の差がありました

またバス通勤からの解放も嬉しかったですね。
これで雨の日に遅刻して上司に怒られる回数が減ること間違いなしです。

家も以前の2DK(アパート)から、一気に2LDKS(マンション)というスペシャルな仕様になりました(お家賃も2万円高くなりましたが・・・)。  

「引っ越しして後悔している」ひとつのこと

認可保育園にも入れたし、引っ越しして大満足!

だったのですが、やはり何事も100%の満足は難しいですね。

引っ越しして後悔していることは色々とあるのですが、ひとつだけ本当に後悔していることがあります

それは「もっと自分の勤務地に近いところに引っ越すべきだった・・・!」とうことです。

引っ越し先を検討する上で、やはりどうしても気になったのが夫の通勤時間が片道2時間だということ。 「もう夫の利便性は考えない!」と決意していたのですが、やっぱり実際、片道2時間は大変ですもんねぇ・・。

私も2時間通勤をしたことがあるのですが、ラッシュ時だともう毎日それだけでクタクタになります。

夫が自分で選んだことといえ、「夫への思いやり」と、私自身のこれから待ち受ける仕事と保育園送迎の負担感」とのはざまで、悩みに悩みぬきました。

そして基本的には、そこそこ優しい妻の私(~_~)

夫の勤務地に気持ち寄り気味で、かつ新設園がある街」というなんだか中途半端な選び方をしてしまったんです・・・!

疲弊する保育園送迎

そして選んだ街は。

新居から私の職場まで片道50分。
保育園に寄ったら片道1時間半の距離になってしまいました

ああ!!!

結局あまり近くなっていない・・・(;゚Д゚)

夫は保育園の送迎はできないというのに、夫への中途半端な思いやりで自分の負担感が減っていない。

これが最大の後悔です。

引っ越しのまとめ

長々と書いてしまいました。

これからもし引っ越しをご検討されている方がいたら、ぜひ「保育園送迎+家事+育児」の夫婦の負担感を充分にご検討されることをお勧めします。

保育園の送迎。

たかが送迎ですが、あなどるなかれ送迎。

毎日のことだと、本当に自宅ー保育園ー職場が近いにこしたことありません

わが家は今、2回目の育休復帰に向けて電動自転車の購入を検討しております・・・。  

【追記】2人目育休復帰します!

※※2016年3月追記※※

2人目の育休復帰前に、電動自転車を購入しました!

保育園は長女と同じ園に決まりました(嬉涙)。

保育園まで歩いて15分~20分だったところを、自転車パワーで5分に短縮です。

もう最高です。

これで4月からの育休復帰の準備万端です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする