子供の後頭部に「1円ハゲ」ができた。取りみだす母に4歳の娘は意外な反応だった話

子供にハゲができたら
(画像はイメージです)

ある朝、娘の髪の毛をとかしていると、頭に「1円玉大のハゲ」ができていました

4歳でハゲです。

もし子供の頭に「ハゲ」を見つけたとき、どうしますか?どう思いますか?

今回私は、自分の育児を大反省したのですが・・・それよりも最初に、すべきことがあります。

髪の毛はすぐには生えてきません。

だからこそ、ハゲができた事実を4歳の娘にどう「告知」するか

おハゲちゃん発見のすさまじいダメージを受けながらも、彼女に精神的ショックを与えないようにさりげな~くハゲを告知したのですが、母の思惑以上にあっけらかんとした娘…。

そのいきさつを、ちょっとふり返ってみました。

※この記事の続編※
円形脱毛症の原因はアトピーと判明。
娘の症状と治癒の可能性は…続編はこちら「4歳娘はアトピーだった!実は「円形脱毛症」の何割かはアトピーが原因らしい」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子供の頭にハゲを発見した時、まっさきに自分が原因だと思った

長女の頭にハゲを見つけたのは、朝、娘の髪の毛をブラシでとかしていた時でした。

後頭部に、1円玉大のハゲ
あまりにもビックリして、声も出ない…。

たまたまそばに来た夫に無言で目配せすると、「あぁ、それ、昨日お風呂でみたよ」とひと言。前日、久しぶりに一緒に入ったお風呂で先に見つけていたようです。

夫はそれ以上何も言わずに去っていきました。

ショック過ぎて「ちょ・・・ちょい待てぃ!」と制止もできぬまま、残された私は、娘の髪の毛を結びながらショック過ぎて涙が込み上げ…頭の中はパニック状態。

なぜ、今まで気づかなかったんだろう?このハゲは、いつから出来ていたんだろう?

私が原因だ。
私がこの子の頭にハゲを作ってしまったんだ。

ハゲ発見。言葉にならない衝撃

娘のハゲの原因=「母親である私」

という超秒速で解答を出したわたし。

気づかぬうちに、娘を精神的に追いつめてしまっていたんだ…
なんだろう。最近何かあったっけ?もしかしたら保育園で嫌なことがあったのかな?
いや、やっぱり弟が産まれて我慢させていることが原因かもしれない…

いつもと変わらず保育園のお支度をする娘を見ながら、ハゲができてしまった原因は何だろうと、頭の中でぐるぐる必死に考えていました。

どうやって本人にハゲを知らせるか?本人の精神的ケアを第一に考えよう

混乱しすぎてパニック状態の中、頭に浮かんだのが「娘にどうやってハゲのことを告知しようか」ということでした。

誰かに指摘される前に、まず本人に伝えなければならない…!

ハゲの位置は、結べば見えなくなる場所でしたが、髪の毛を下ろしているとチラっと見えてしまいます。

保育園だったら髪の毛を結んでいけばいいだけなのですが、数週間後にお泊りキャンプの予定があったので、お友だちとお風呂に入った時にはハゲがばれる!と思ったんですね。

それまでに、本人に「頭にハゲがあるヨ(・・)/」と知らせなくては・・・!

娘にとっては「腰まで伸ばしたい」と切るのも嫌がるほど、髪の毛は大事なもの。

その髪の毛が抜けたことを知ったら、どう思うだろう?
「お友だちにハゲを見られたらどうしよう?」と、泣いて悩むんじゃないかな?

それでも誰かに不用意に指摘されるよりも、先に本人が知っておいた方がいいと考えました。

実家の母からの助言「ハゲはさらなるハゲを呼ぶ」

実は、精神的なものが原因で同じようにハゲができてしまった親族がいまして…。

その経験もあって、実家の母からは「ハゲていることが精神的な負担になった場合、ますますハゲがひどくなっていくよ」と助言がありました。

ハゲたことを気にして、思い悩んでまたハゲが広がるということです。

だからこそ娘には「ハゲていることを気にしない」という意識づけが、絶対に必要だと考えました。

ハゲの原因を捏造!ハゲは親の不注意がまねいた「怪我」だということにしてみた。

娘は幸いにも?まだ4歳なので、子供だましの嘘が通用します。
そこで、「ママが間違って髪の毛を抜いちゃった!」ということにしようと決めました。

私が抜いたのなら、抜けてしまった部分は「怪我」になります。

「怪我」なら治りますよね?

だから、「ブチっと抜いちゃって怪我しちゃった」ということにしようと思ったんです。

安直でしょうか・・・。
でも、そのときは他にいい案が浮かばなかったんです・・・。

それに「ママのせいでハゲができた!」と娘に責められる方が、私自身の気持ちが楽だったのもあります。

ハゲを知った娘。その反応は予想以上にあっけらかんとしたものだった

ハゲ発見から、すでに1週間が経過。
「今日言おう、今日言おう」と思いながらも、娘が傷つく姿を見るのが怖くて言い出せなかったんですね…。

すでに保育園の先生には事の次第は説明してあり、「ハゲの原因は、髪の毛を私が抜いてしまったことにしますので」と口裏合わせもバッチリです。

そして、ある朝。

いつものように髪の毛を結わいている時に、決心して言ったんです。

「あ!ごめん!ママ、髪の毛抜いちゃってハゲになっちゃった!」

ハゲ付近をちょっとひっぱりながら、演劇部仕込みの大げさな芝居で伝えてみる…。

すると娘は、ハゲを触りながらひとこと。

「あ!ほんとだ!ハゲてるぅ~」

ハゲを告知

(これはいい感じだ…!)

手ごたえを感じた私は、さらに娘の精神的負担を排除すべく、きわめつけのひと言を追加投入。

「ごめんね~!痛かったでしょ?1円玉くらいのハゲができちゃった。あ!でも、

もう生えてきてるよ!良かったぁー♪」

と、超秒速で髪の毛が生えたことにしました。

実際、ハゲ部分には少しだけ黒い点々が見えていたのですが・・・娘は「え?ほんと?良かったー♪」とこれまた超秒速で信じて、すぐに目の前のおもちゃで遊び始めました。

予想外にあっけらかんとした娘の反応に、私はすっかり拍子抜けです…。そして、その様子を見て「私が抜いたことにして、本当に良かった」と思いました。

※後日、アトピーが原因だと分かってからは、「ハゲはアトピーが原因」と本人に訂正しています(^^;)

親が気にすると子どもも気にする。「普段通り」がやっぱり大切

本人に告知してからは、1円玉大のハゲは「おハゲちゃん」とネーミングし、精一杯「ハゲなんて、たいしたことナイ感」を出しています。

髪の毛を結わくときに「おハゲちゃん見せてねー」と言っては、増えていても増えてなくても「おー!昨日よりさらに生えてきてる!」と髪の毛の成長を娘に報告します。

娘は「やったー!(^.^)/」と喜んで、あとは普段通り。

だから私も、それ以上は言わずに普段通りにしています。

自分に「胸のしこり」が出来たときにも感じたのですが、周りの人に深刻になられると「やっぱりこれは深刻な問題なんだ!」と思ってしまうんですよね

だからこそ、普段通りが一番だなぁと思うんです

とはいえ、「お友だちにハゲのこと言われたら、ママが抜いちゃったの!て言ってね。ごめんね、ママが抜いちゃって」とだけは言っています。

娘はお友だちに指摘されるのが、一番ダメージがあるお年頃になってきました。

だからこそ母親の私も、そこが敏感になってしまってるんですよね・・・。

娘の髪の毛が、一日も早く伸びますように!
今日も髪の毛を結わきながら、それを願ってやみません。

※この記事の続編※
円形脱毛症の原因はアトピーと判明。
娘の症状と治癒の可能性は…続編はコチラ。

4歳娘はアトピーだった!実は「円形脱毛症」の何割かはアトピーが原因らしい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする