【BCG】予防接種してから約2ヵ月経過。膿ができるまでの経過を観察

BCGの経過を写真つきでご紹介しています。

息子ぴーすけは、生後7ヵ月になった頃にBCGの予防接種を受けました。
それから早2ヵ月経とうとしています。

たった1回打つだけなんだけど、接種痕は後々まで残るBCG。

長女の時もそうだったんですが、予防接種したはいいけど「接種痕の反応はこれでいいの?」と不安だったりしたので、接種時の注意点と、現在までの接種痕の経過を記録したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

BCGの接種時期

まずは簡単に、BCGについて。

BCGは結核を予防する生ワクチンです。
接種は1回のみ。生後12ヵ月までに受ければOKですが、生後5ヵ月から8ヵ月までに接種するのがベストと言われています。

5年前(娘の時)

娘の時は「生後3ヵ月~6ヵ月までに受けること」と病院の先生から言われていました。
今は生後5ヵ月~だから、2ヵ月後ろにずれたんですね。

何故なんでしょう?やっぱりロタが始まったからでしょうか?
とにかく娘の時は初めてのこともあったので、忠実に生後4か月でBCGを接種しました。

息子は生後7ヵ月目で接種

息子の時は7ヵ月目で接種したのですが、娘の時のイメージから「7ヵ月だとちょっと遅めかなー」なんて思っていました。

でも接種した時に「BCGすっかり忘れてて、今10か月目なんですぅ」という強者のお母さんもいたので、やはり1歳までに受ければセーフということなんでしょう。

BCG接種時の注意点

BCGを接種した後は、液が自然に乾くまでその場で待っていなければなりません。
看護士さんによると、ワクチンを染み込ませるためらしいですよ。

大人しくさせるアイテムが必要

もちろん、液を拭いてもいけないので、その間こどもをなんとか大人しくさせておきたいところなんですが、これがまた難しい。息子は眠かったのもあったのか、ジタバタして落ち着かなかったので病院でもらった「赤ちゃんせんべい」を食べさせて、なんとか数分大人しくさせていました。

病院でおやつをもらえない場合もあると思うので、もしオヤツOKな月齢だったらボーロとか赤ちゃんせんべいとか、確実に赤ちゃんを黙らせることができるアイテムを持っていくとよいと思います

もし途中で液を拭いてしまったら

息子を赤ちゃんせんべいで黙らせて、液の自然乾燥を待っていたその時。
なんと彼は、せんべいを食べ終わった途端にうぎゃーと暴れだし、液が私の洋服で拭かれてしまったんです(-_-;)

恐らく5分たったかどうかの頃合い。
慌てて看護士さんに「液が・・・液がぁ・・・!」と相談して、すぐに看護士さんが先生に聞いてくれたんですが、接種した段階でもワクチンが体に入っているから、まぁ大丈夫でしょうとのことでした。

接種痕に1か月後に反応が出ればOKらしいです。
それからというもの、ちゃんと反応が出るかどうか毎日ドキドキでした(;´・ω・)

BCG接種後の経過観察

やっぱり気になるのが、接種痕ですよね。
下が、息子の腕にできた接種痕の経過です。

BCG予防接種~当日~

当日だけあって、BCGの丸い形がくっきりと残っています。
針の痕も、9個×2が見えています。
BCG当日

BCG予防接種~翌日~

予防接種の翌日の接種痕です。
丸い輪っかが消えて、針の痕だけになりました。

さっきと腕の上下が逆ですね(;´・ω・)
一部針痕が薄くなっていますが、ここは結局、最後まで反応が出ませんでした。

BCG翌日

BCG予防接種~12日後~

予防接種してから12日が経ちました。
針の周りの赤味がとれて、すっきりした感じです。

10日以内に出るというコッホ現象は出ていないようです。

BCG12日後

ちなみに、コッホ現象とは、

結核に既に感染している場合、BCG接種で早期に接種部位に強い反応が出てしまうことを言います。右画像のように、接種後10日以内に、赤くなったり、硬くなったり、腫れてきたり、膿んだような状態になってしまいます。

この場合は、結核に罹っていないかどうか、ツベルクリン反応、血液検査など結核の検査を行います。

出典:All About

接種後すぐに激しい赤味が出る反応がみられた場合は、知らない間に結核にかかっていた可能性があるということですね。その場合は早めに病院を受診する必要があるようです。

BCG予防接種~21日後~

予防接種後、21日が経ちました。
だんだん針痕が、赤く盛り上がってきました。

BCG21日後

BCG予防接種~51日後~

いっきに51日後です。
実は、間の写真を撮るのを忘れてしまいました(;´・ω・)

やはり看護士さんが言っていた通り、接種30日後くらいには傷跡が膿んで、白っぽくなっていました。

それが51日後には、このくらいに治まっています。

BCG51日後

【追記】BCG予防接種~10ヵ月後~

BCG接種後、10ヵ月が経ちました。

赤みはうっすら見えるくらい。
ポツポツの〝ふくらみ”はすっかりなくなり、クレーターになりました(^_^;)

クレーターは、浅いのもあり、深めなのもあり。

それでも以前から比べると、BCGの痕は普段まったく気にならなくなりました。

BCG経過10か月後

【追記】5歳娘のBCG接種痕

BCG接種後、5年が経った娘の写真を載せてみました。

いかがでしょうか?

BCG痕はやはり残ってはいますが、個人的には全く気にならない程度になったかな?と思っています。

BCG接種痕 5年後

BCG経過観察まとめ

BCGの経過のまとめ
by PIXTA

保育園のこどもたちを見ていて思うんですが、接種痕がどのくらい残るのかはかなり個人差があるようです

娘の写真は接種後5年経っていますが、針の穴ぼこがうっすらと残っているくらい

逆に、同い年でも全く針痕が見えない子や、くっきりと針痕が白く残っている子もいました。

白い傷跡は、虫刺されの後にできることもありますよね。

娘の鼻の下にもこういった白い痕が残ってるんですが、調べてみても対処法がなかなかないようです(涙)

それでも成長とともに皮が伸びて、接種痕も薄らいでくるので大丈夫ですよ!

気にしすぎず、お互いのんび~り赤ちゃんのお世話を楽しみましょうね♪

▼1歳で突発性発疹にもなりました~(涙)
発疹写真掲載しています、ご参考にどうぞ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする