娘のアトピー治療の方向性を決めました。自己免疫力アップの道をいきます。

免疫力アップ!

最近ずーーーっっと、
深い悩みに沈んでいた原因の大きなひとつが、

娘のアトピー(と円形脱毛)でした。

正直、ブログの記事から削除しようか・・・と真剣に考えていたんですね。

娘に申し訳ないし・・・

それに、記事(現実)を直視するのが怖いのもありました。

(この記事ですね)

4歳娘はアトピーだった!実は「円形脱毛症」の何割かはアトピーが原因らしい

でも。
この記事を検索してくれている人がいるのが分かって、もしかしたら同じ悩みを持っているのかもしれない。

私と同じように、子どものことで悩んで、どうしようか模索している人がいるのかもしれない。

そう思って、ひとまずこのまま記事を掲載することにしました。

こういった悩みって、なかなかブログなどに書いている人が少ないんですよね。

私も色々と検索したのですが、なかなか同じようなケースを見つけることができませんでした。(書いている方も、もちろんいらっしゃいましたが、数が少ない。アトピー治療のサイトは、結構ありますよね)

もしかしたら、いつか削除してしまうかもしれませんが・・・

今は、私が進もうとしている娘の治療に良い成果がでて、それが誰かしらの参考になるかもしれない、という希望をもって、記事を書いていきたいなぁと思っています。

※この記事について※
決して「アトピーにはこの治療が良い、効果が必ずある」というような、治療方法をおすすめするものではありません。あくまで、わが家のケース(私の個人的な考え)ということをご了承ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

アトピー治療って、良くも悪くもまずは「ステロイド」が入り口なのねぇ

さて、前置きが長くなりましたが。

脱毛もアトピーが誘発しているのならば「アトピーを治せば、頭も治るはず!」と思い、アトピーについて色々と調べていました。

本も何冊か購入。
良さそうな病院も色々と調べました。

でも良さそうだなぁと思っても、遠方で通えないところもあり、実際には皮膚・アレルギー専門では3病院、小児科は1病院、計4つの病院に診察してもらいました。

そこで感じたのは、一般的な皮膚科では、やはり「ステロイド治療」のみを勧められるんだなぁということ

アトピーの知識がない人が、アトピーになって無知なまま皮膚科にいって「ステロイド治療」を受ける。これは、よくあるパターンなのかなぁ。

誤解してほしくないのですが、
決して「ステロイド治療」を否定するものではないですよ。

ネット上では、ステロイド賛否が様々で、私自身混乱して今でもステロイドが良いものなのか悪いものなのか正直、判断できていません(;´・ω・)

ただ、最初に処方された「ステロイド」を、無知な私が間違った使い方をしてしまったせいで、娘のアトピーが悪化したのは間違いないと思っています。

無知って、怖いですねぇ・・・。
後悔しても、しきれません(涙)

なので、「ステロイドは(使い方によっては)怖いものだ」というのが正直な感想です。

ステロイドが怖いので、次に「脱ステロイド派」になってみた

それでですね。
どの皮膚科にいってもステロイドを勧められるので、仕方なく2回目のステロイド治療をしたんですね。

「仕方なく」というのは、「良いのか悪いのか判断できていないまま」という意味です。

そして、ステロイドを塗って数日後・・・。

なんと・・・。
娘のオハゲちゃんが、1つだったのが3つに増え、しかも最初の1円玉が10円玉位になってしまいました・・・(T_T)

たまたま抜けるタイミングとあっていただけかもしれません。だって、ステロイドには「増毛」の副作用があって、頭にも「塗るステロイド剤」が処方されていたくらいですから。

でもタイミングが良すぎて、もう「ステロイドのせいで、また抜けた(のかも)(;゚Д゚)!!!」と恐怖ですよ。

娘のアトピーでウツ気味だった私は、早速「脱ステロイド派」に転向です(笑)。単純ですねぇ。

お金だったら嬉しいのにね

それが8月初旬頃のことです。

「ひぇ~っ」となって、恐怖にかられてネットで「脱ステロイド」のサイトを色々調べては、「やはりステロイドでは根本的な治療にならない!」「繰り返しアトピーになって、薬の強さが増すだけだ!」と考えるようになりました。

※といっても、現在では信頼できる先生の助言のもとステロイドも併用して治療しています。(気持ちは「脱ステロイド派」なんですが・・・)

アトピー型脱毛が自己免疫疾患ならば、根本的な体質改善が必要だよね

娘のアトピーは、症状が出ているのは首元だけでして、症状としてはとっても軽い方だと思います。

事実、2人の先生に、「こんなのアトピーじゃないよ」とまで言われましたから(;´・ω・) うぅ・・・じゃぁほっといても治るのかいー?

たしかに、アトピーで苦しんでいる重症な方に比べれば、かゆみも発疹もたいしたことがないんだと思います。

でもね。
髪の毛がねー(T_T)

で、また色々調べていって。
アトピー性の脱毛は「自己免疫疾患」が原因といわれている、ということ。

つまり、自分のからだの免疫ちゃんたちが「何か」が原因で、本来敵ではない自分のからだを攻撃しちゃっている状態。

ならばですよ。
体質改善をして自己免疫力を高めなきゃ、結局よくならないんじゃないの?と思ったわけです。

素人ながら治療方法で迷走するなら、自分が納得する道をいけばいい

信じる道をゆけ

お医者さんによっては「和食を食べていれば治る!」なんて、半分冗談で力強い励ましをしてくれる方もいたのですが、何もせずに無知で受け身のまま治療を続けるのは、怖いんですよね。

本も読んだし。
ネットでも調べたし(笑)

さらに、お医者様の講演会も聞きにいったし。

なので。
アトピー治療を「体質改善」「免疫力アップ」に照準をしぼって、治療の道をすすみます。

って、今はもう9月なので、色々と検査なり治療なりをしているので、今度また詳しく書いていきたいと思います。

需要あるかなぁ(;´∀`)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする