4歳長女に弟ができた時の反応。プチ赤ちゃん返りから現在まで。

赤ちゃん返り

上の子に妹か弟ができたら、どうなるんだろう?
赤ちゃん返りとかあるのかな?

下のお子さんを希望しているママさんは、産後の子どもの反応はどんなかなーなんて想像したりしませんか?

私はやはり娘の「赤ちゃん返り」が心配でした。
産まれた途端に娘が「ばぶー」とか言うようになるのかなー?なんて思っていたんですが、うちの子は産まれる前から赤ちゃん返りがありました

何歳差かとか性別の違いで反応はいろいろだと思うのですが、ひとつのパターンとして、弟ぴーすけが産まれてから現在に至るまでの「娘イカコの実際の反応がどんなだったか」を、ちょっとご紹介したいと思います。

<目次>
【序章1】長女イカコの性格はこんなだ
【序章2】妊娠中にやってきた「娘のプチ赤ちゃん返り」
【赤子誕生】赤ちゃんに対する「物珍しさ」に「お姉さんモード」始動
【赤子1ヵ月目】自分の領域を冒されることに気づき始める
【赤子2ヵ月目】娘の「赤ちゃん返り」勃発
【赤子8ヵ月目】母の努力で赤ちゃん返り満喫中(現在)
 赤ちゃん返りのまとめ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

【序章1】長女イカコの性格はこんなだ

イカコは、親の私が言うのもなんですが、とってもしっかり者です。というか、真面目なんですね。

保育園でも「先生に怒られたことない!」と自分で豪語しちゃうくらい、優等生です。
これは決して自慢ではなく、母はちょっと困っているところもあるんですケドねー。(この話はおいおいできればなーと思っています)

そして「しっかり者」の落とし穴。
家ではとーーーっても甘えん坊さんなんですよ。もうもうもうもう「ママ大好き!ママじゃなきゃダメ!」て、もう本当にママLOVE

だからこそ下の子ができたら、その反動で「赤ちゃん返り」がひどくなるんじゃないかな?なんて本当に心配していました

【序章2】妊娠中にやってきた「娘のプチ赤ちゃん返り」

4年間も一人っ子を満喫してきた娘。
もう親の愛情独り占めですよ。

ここに新しく”ぴっちぴちの可愛いライバル”が出てきたら、絶対にやきもちを焼くに違いない!そう母は確信していました。

2人目の子どもって、上の子からすると「夫がある日突然「愛人」を家に連れてきて ”今日からこの女の子も一緒に暮らすから、仲良くしてね”」て言うのと同じくらいの衝撃だ、とよく言われますよね。

それに妊娠中、私のお腹がどんどん大きくなって娘を抱っこしたりする回数も減って「今までと違う」何かを感じたのか、気づいたら娘が突然ハイハイしたりするようになりました
これを「プチ赤ちゃん返り」と呼んでるんですが、まぁ可愛いんだけども、もう赤ちゃん返りするのかーとびっくりしたわけです。

でも娘の不安な気持ちも分かったので、彼女を思いっきり赤ちゃん扱いして「娘の中の赤ちゃん」を思いっきり満たしてあげることに専念しました

赤ちゃん心を満たす

あとは、娘に対する言葉がけも、いつも以上に意識しました。

「イカコも、ママのお腹の中にいたときはこうだったんだよ~」
「イカコみたいな可愛い赤ちゃんが産まれるの、ママ本当に楽しみだなぁ~」
「あ~イカコがいてくれて嬉しいなぁ~♪ いっっっちばん!!大好きだよ~」

もう、「あっま~~~い!」台詞大放出です。

この母の努力の成果か、イカコはよく言っていました。

「赤ちゃん楽しみだね~♪ わたしいっぱいお世話してあげるね♪」

「ムフ。こりゃ大成功だわい・・・(*´з`)」

そんな自信たっぷりだった私でしたが、やはりそう上手くはいかないものですねー(;´・ω・)

【赤子誕生】赤ちゃんに対する「物珍しさ」に「お姉さんモード」始動

お姉ちゃんモード全開

入院中は小さい子どもは病室に入れなかったので、イカコがぴーすけにキチンと対面したのは退院時が初めてでした。

初めてのご対面に「ぅわ~・・・・・!」と言葉にならない感激を受けているようす。
その嬉しそうな姿に、母も思わず笑みがこぼれ「弟を産んでよかったなー」と嬉しくなりました。

そして家に帰ってからも、隣に寝転んだり、鼻をさわったりオムツを気にしたり。
もう「お姉さんモード全開!」。

めちゃめちゃ可愛がっていました。
夜の寝かしつけも、お義母さんや実家の母が来てくれていたので、それほど娘に寂しい思いをさせることもなく1ヵ月が過ぎていきました

【赤子1ヵ月目】自分の領域を冒されることに気づき始める

沐浴用のビニール風呂が破れたことをきっかけに、1ヵ月ちょうど位に息子は「お風呂デビュー」を果たしました。お手伝いしてくれた母たちも来なくなったので、娘と息子と私の3人でお風呂に入ることになったんです。

最初の1週間は良かったかな?
娘もぴーすけとのお風呂を楽しんでいるようでした。

そして何日か経ってから、だんだん雲行きが怪しくなってきたんです。

何かっていうと、その当時は先に娘を洗って湯船に入らせて、私が自分を洗う。次にぴーすけを洗って抱っこして一緒にお風呂に入っていたんですが、ある時から湯船に私たちが入った途端「もう出る!」って言うんですよ。

あれーなんかおかしいなぁ、と思っていたある日、

「ぴーすけはパパとお風呂に入ってほしい・・・(~_~)」

と、いきなり言いだしたんです。もうびっくりです。でもこのひと言で「あーなんか我慢させちゃってたんだなぁ」ってやーっと私も気づいたんです。

今までママと2人きりで思いっっきり遊べたお風呂が、赤ちゃんがいるせいで「全然遊べない」つまらないものになってしまったようです

要するに「赤ちゃん=邪魔者」になってしまったんですね~…。

赤ちゃんは邪魔者?

そして、その頃からでしょうか。

夜の寝かしつけのときに、私が息子に授乳している間「背中を向ける」のが悲しくて、たまにシクシク泣くようになってしまいました。。。

(でも娘の方に息子をおいても「ママの隣じゃなきゃイヤ!」ってなるんですよね~。難しい・・・。)

【赤子2ヵ月目】娘の「赤ちゃん返り」勃発

赤ちゃん返り勃発

とうとう来ました。
プチじゃない、本物の赤ちゃん返りです。

当初の予想では、「赤ちゃんが産まれてすぐに”赤ちゃん返り”になるのかなぁー」なんて考えていたのですが、大間違いでした。赤ちゃん返りは、数か月経ってからもやってくるんですねーー。

プチ赤ちゃん返り期にあったような「ハイハイ」とかはないんですが、

・息子に授乳しようとすると「ママ抱っこ抱っこ!」
・お着替え自分でできない「ママやって!」
・オッパイをさわさわしてくる。

と、こんな感じの赤ちゃん返りが始まりました。
まあ、まだ4歳なので産前からこういった甘えもあったよねーと思うのですが、今までとは頻度と真剣度が違います

0歳児のお世話に忙しい母としては「えーまたぁ?今まで自分でやってたよねぇ」とどうしても思ってしまうんですよね。そして、その思いが娘に伝わってまた甘えてくる。そんな悪循環になっている気がします。

【赤子8ヵ月目】母の努力で赤ちゃん返り満喫中(現在)

赤ちゃん心が満足

そんなこんなで、上で書いたような「赤ちゃん返り」は今も続いてます。ただ私も、以前よりももっと「娘優先」を意識するようになりました

授乳中に抱っこと言われたら中断するとか、お着替えも「ママやって!」と言われる前に「お手伝いしようか?」と甘えさせてあげたり。オッパイを触ってくることはほぼ無くなったんですが、こちらもゾワゾワする気持ちを我慢して触らせてあげます。

そうするとやっぱり、娘が笑顔になって満足した表情になるんですよね。
夜の寝かしつけも、夫が早く帰宅したら息子の方を抱っこしてもらって、娘とギューッとして寝たり。

弟が産まれる前は当たり前だったことを、できるだけ今も当たり前にしてあげようと親の私も努力することが大事なのかなーと思っています

といって、そういつも出来てるワケじゃないんですが・・・(;´Д`)

娘に我慢させてしまうことの方が多いかもしれません・・・(-_-;)

赤ちゃん返りのまとめ

●産前も「プチ赤ちゃん返り」というものがある
●赤ちゃんは「夫が連れてきた愛人」と同じくらいの衝撃がある
●赤ちゃんが産まれても「パパとママはあなたが大切」と実感させておく
●赤ちゃんより、まずは上の子を優先するよう努力
●「赤ちゃん返り」を受け入れ、満足させてあげる

なんだかんだ言って、娘は弟をかわいがってくれています。
年齢も4歳差なのもあり、それに甘えて親も娘に頼っちゃうところがあるのは反省ですね。

親も、下にきょうだいが出来た途端に「上の子がいきなり大きくなったような感覚」に陥ってしまうのかなーとも思いました。

下のお子さんが産まれる予定の方に、少しでもご参考になれば幸いでござる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする