5歳娘が「最近なんだか大人になったなぁ」と思うため息な瞬間5選

こどもの成長は早いですね

子どもって毎日見ているのに、「あれっ?いつのまに?!」って突然その成長っぷりに気づいたりしますよね。

娘も5歳になって早数か月。

最近なんだか、良い意味でも悪い意味でも、ぐぐぐ~っと大人になったというか、幼児っぽさが抜けてきたというか。

身長体重なんていう、目に見えて大きくなったのはもちろんなんですが、それ以外のふとした瞬間に「あれ?なんだか前とちょっと違う…」と思うことが増えてきた気がします。

同じくらいのお嬢さんをもつ親御さんなら、もしかしたら「分かる分かるぅ!」なんて共感できる所もあるんじゃないかなー(^∀^)アルカナー?ナイカナー?

さて今回は、ぽっよぽよだった娘が「なんだか大人になったなぁ…」と、ため息とともに母が思う瞬間を5つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

【成長その1】雑誌をひとりでダラ読みしている

今までは、ちょこーんと座って絵本を読んでいた娘。
その姿は、おチビちゃんザルみたいに”こじんま~り”してたんですが、なんだか最近は、ソファーやラグの上でだっら~ん、ごっろ~ん

 5歳児の成長

読む雑誌も、昔は「ベビーブック」や「げんき」とかだったのに、今では「たのしい幼稚園」や「おともだち」のオシャレ女子的な付録がついた雑誌ばかり。

プリキュアの漫画を読んでは「ぷぷぷ!笑える~♪」とひとりでウケている姿は、もうまるで女子高生のようです

将来の姿が、デジャブしてるようであります。

それでも、こうして自分で静か~に本を読む姿には成長を感じますねぇ。そしてやっぱり、ひとりで楽しんでくれると母としてはとても助かります。うひひ

【成長その2】言葉づかいが生意気になった(時々意味不明)

5歳児の成長

今より小さい時は、怒るときも何かを頼むときも、語彙が少ないので「ヤダ!ウギャー!」とか「ティッシュ(取って)!」という単純なワードに「感情」が乗っかっていました

が。

最近は、保育園やテレビ、絵本、もちろん親からも獲得した豊富な語彙を駆使して、

「そんなこと言われなくても分かってます!」
「ママちゃんと聞いてるの?!」

という、なんだか身に覚えがある小生意気で偉そうなニュアンスも、ばっちり言葉で表現できるようになってきました。

嬉しくないですが(笑)

あとは、

●「けっきょく」「つまり」「ちなみに」

などの接続詞も、よく出てくるようになりましたね。
意味不明なときもありますが(^^;)

何かあったらこちらの事情も分かってくれるようになってきたし、物事(社会)への理解も深まってきているから、会話のキャッチボールがとてもしやすくなりました。

「これカワイイよね~♪」とか、
「これおいしそ~♪今度行こうよ~♪」

なんていう女子的な会話も、以前に比べたら段違いに楽しめるようになってきました。

これはママとしては、嬉しいところですよね。

【成長その3】顔がなんか伸びた

ここで外見の変化についても、言及させてください。

ある日、娘の歯磨きの仕上げをしていたときに「あれ?!」と驚いたことがあるんですが、それが顔のTゾーンの変化です。

正確にいうと、眉毛(目)と眉毛(目)の幅と、そこから口元にかけての長さなんですが、そのTゾーンが以前よりも広い。

5歳児の成長

明らかに、顔が大きくなって、それに伴って目と鼻と口の位置も離れていったんでしょう。

目と鼻と口の位置が近い、いわゆる「小動物系(赤ちゃん)の顔」から「大人の顔」に1歩、いや3歩くらい近づいた感じです。

それでもわが子なのでカワイイのですが、なんだか外見の幼さが消えていくのは、ちょっと寂しい気持ちになってしまうんですよねぇ。

【成長その4】美醜を理解してきた

最近、長年の謎が解けたことがあるんです。

娘はむか~しから「城○クリニックのCM」がだーーーーい好きでして。

5歳児の成長

このコマーシャルが流れると一緒に絨毯の上をゴロゴロしたり、歌ったりと、とにかく楽しそうに見ていたんですね。

で。

なんでなんだろう?とずっと気になっていたんですが、言葉も達者になったので、聞いてみたんですよ。

その理由が、

ひとつが「ゴロゴロしてて気持ちよさそうだから」

そしてもうひとつの理由が・・・

 5歳児の成長

という、「お姉さんが美人だから」っていう衝撃の理由でした。

プリキュアやアイカツが好きな娘。
今まで「かわいい♪」という認識は洋服やアニメが対象だと思っていたんですが、実際の生きている生身の人間に”キレイ”という美醜の判断をしていたのが母親的には超絶驚きでした。

いったい、いつから生の人間の外見をジャッジしていたのか・・・(;゚Д゚)

で、ですね。

お決まりの質問をしたんですよ。

「・・・ママは、どう(キレイ)かな?」

で。

返答もお決まり?なんですが・・・

5歳児の成長

うぅ・・・。

娘はいつから母親の外見をジャッジしていたのか?

ちなみに、保育園のお母さんの中でキレイだな~と思う人を聞いたら、「●▲ちゃんのお母さんがキレイ!」と即答。身近な人でも彼女の思う「キレイな人」がいたようです。(もちろんキレイな方なんですが(*´з`))

娘に「ママも●▲ちゃんのママみたいな靴(ハイヒール)はいたら?」と言われるんですが、ハイヒールはくだけでキレイになれたらいいなぁ…(遠い目)

これからますます、娘の母への”おしゃれジャッジ”は厳しくなるんでしょうねぇ(;´・ω・)ブルブル

【成長その5】気づかいをしてくれるようになった

最後は、とっても嬉しい成長です。

5歳児の成長

私はそんなに手際がよくないので、どうしてもアタフタしたり忘れ物したり、料理を焦がしちゃったりするんですが、そんな私に、

「だいじょうぶ!美味しいよ!」
「ママ○○忘れてるよ!」「○○手伝おうか?」

と「おぉ!娘よ~!!!」と叫んでハグしたくなるような、嬉しい声掛けをしてくれるようになりました。

今までもお手伝いはしてくれていましたが、こちらの都合ではなく「自分が今やりたいから!」という”自分のキモチ”が動機だったので、けっこうありがた迷惑な時も多かったんですが。

最近は「ママが今、大変そうだから」「ママが今、落ち込んでいるから」なんていう相手の状況や気持ちをくみ取って、行動や言葉がけをしてくれているなぁと感じることが増えてきました。

といっても、「あ~!また焦がした!!」とか「(弟の)うんちクサイ!逃げろ~」と逃亡して何も気づかいしてくれない時も多々ありますが。

ほかにも、保育園の出来事(トラブル)を聞くと言葉を濁したり、知らないふりしたり。それがまた、大人もやるように巧みになってきたり(笑)

それでも、ちょっとした「気づかい」を見るにつけ、親としては成長を感じちゃうんですよね。

子どもの成長、できるようになる順番はいろいろだと思いますが、娘の場合は

●自分の考えをしっかり持って、相手に伝えることができるようになってきた

●お友だちとの譲り合いが上手になってきた

●複数のものを、均等に分け合えるようになってきた(数の概念が成長!)

というところが、ますます成長してきたなぁと感じる所であります。

5歳児の成長まとめ

最近、保育園のママさんと「5歳になって、幼児っぽさが無くなってきたよねぇ」な~んて話していました。

そのママさんいわく、「女の子も小学生になると、急速に親場離れしていくらしい」です。学校帰りも友達と遊ぶようになったり、休日も友達と約束してお出かけするようになったり・・・。

考えれば、自分もそうだったなぁ。

毎日、友だちと2人乗りで(昔はOKでしたよね)、田んぼや空き地の野原で遊びほうけていたものです。

7歳のときの写真も見ると、歯も抜けて、顔も大きく間のびしてTゾーンが間抜けな感じになってますし。

子どものときは、自然に、時に反抗心むきだしで親離れしていきましたが、親になると、どうしてこう「子の親離れ」が寂しく感じるんでしょう。

不思議です。というところで、今日はここまで。

【番外】12月の更新はトホホな数

最近、素人ながらも知り合いの会社のHPを作成してまして、そちらにかまけてたら更新全然できず。

やっとひと段落つきましたので、今回の投稿です。
リピートの方、いつもありがとうございます!!!

今後も不定期更新ですが、どうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする